生命の安全教室

 6月5日(水)、1年生を対象に、生命(いのち)の安全教室を実施しました。これは、生徒が性暴力の被害者、加害者、傍観者にならないようにすることを主旨とした活動です。武蔵野警察署から講師をお招きし、SNSやインターネット上に載せた画像や動画は見た人が勝手に保存する等、あとで消すことが難しくなることや、被害に遭ったらどのように対応すればよいかということ、友達から相談された場合も、担任、養護教諭、スクールカウンセラー、保護者など信頼できる人に相談することなどについて学びました。
 生徒が安全に、自分本来の力を存分に発揮して生活できるよう、今後もこの安全教室で得たものを生かしていければと願います。

 

     
   
     
 
     
 

 

更新日:2024年06月05日 15:04:34